葬儀の服装教えます!今泉の服装チェック

車の免許を取得することでアピールしやすい

2019年11月29日

免許を取得したからといって、必ず内定を獲得できる訳ではありません。しかし運転を実施することができるので、急な状況が発生した時、柔軟に対応することができます。そのため、取得していない人よりも取得している人の方が内定を少しでも獲得しやすいのが実態です。その中でも好印象を与えやすいのがマニュアルも運転できる免許になります。近年はオートマのみで取得する人が多く、オートマの車も増えています。しかし葬儀で使用する車は、必ずオートマという訳ではないので、マニュアルを運転できると心強いです。

続きを読む

子供の葬儀の服装は喪服に準ずる装いで

2019年11月25日

大人と一緒に子供も葬儀に参列をする時には、喪服に準ずるその場にふさわしい装いをして行くことが大切です。学生の場合であれば制服がありますので、葬儀の服装として保育園や幼稚園に小学校や中学校、高校などの学生服を着用すれば問題はありません。全国にはいくつもの学校が合って、制服のカラーやデザインは様々ですが制服なら大丈夫です。小学校などでは制服がないケースもありますので、指定の制服がないならば手持ちの洋服でコーディネイトをします。

続きを読む

老舗の葬儀社で引き継ぎが増えています

2019年11月14日

老舗の葬儀社で事業承継が行なわれています。長年に亘り、地盤を築いてきた地域で、葬式に関わるノウハウを保持する企業でも、後継者が不在であったり、業績不振などの問題により、事業承継を考える方が増えています。葬祭関連の業務は、独自のノウハウが必要になるビジネスでもあり、新規参入が難しいビジネスでもあります。長年に亘って事業を営んできた地盤とノウハウを引き継ぐことで、事業推進をスムーズに行なうことが可能になり、既存のビジネスの拡大を実現することを可能にします。

続きを読む

葬儀の供花は葬儀会社に用意してもらえます

2019年11月08日

親交が深かった人の訃報が届き、葬儀に参列することになった場合、香典を贈るのはもちろんのこと、故人との関係性によって供花を贈ることもあります。供花は、お悔みの気持ちを込めて故人の祭壇にお供えするお花です。ただ、供花を贈る際にはマナーがあります。そのため、初めて贈るときは、事前にマナーを確認することが大切です。たとえば、宗派によってお供えするお花は異なります。仏式では菊や蘭、百合といった白いお花が基本です。

続きを読む

小さなお葬式にすることで費用を抑える

2019年10月31日

最近の葬儀・告別式は、葬儀社の所有する会館で行うことがほとんどです。煩わしさはありませんが、やはり住み慣れた自宅から送り出してあげたいと願う家族が多いのではないでしょうか。自宅葬も見直されていますし、費用面のメリットも多いと言われています。任せて安心と言われていますし、明朗会計をウリにする葬儀社も増えています。失敗を防ぐには、インターネット上の口コミを参考にすると良いのではないでしょうか。実際の利用者の声がリアルに反映されていますし、点数がシビアに付けられています。

続きを読む

Blog Menu

Archive List