葬儀の服装教えます!今泉の服装チェック

遺産相続などで必要になる手続き

2020年05月26日

ある以上の年齢になるとお墓の容易などをして、終活の準備をする場合があります。十分な対策をしておけば問題になりづらく、よい形で葬儀などを行えるので安心です。実際に必要な作業をする時はどのような準備がいるか、よく考えなければいけません。特に遺書は重要になるため適切な形で用意しておくと、後で問題が起こりづらいです。特別な書類は自分で作る方法もありますが、法的に問題がないか確認する必要があります。法的に認められないものだと後で問題になるため、どのように行うか考えなければいけません。

続きを読む

喪中はがきが意味することを知ろう

2020年05月24日

時々喪中はがきを受け取る事があるかもしれませんが、これに関してのマナーというのは、知らない人が多いです。実は、このはがきの意味というのは、不幸があった日から1年間は、年賀状のやり取りを行うことができないということを、知らせる役目を持っています。そのため、不幸があってから1年間は喪中となるため、その間は年賀状をやり取りすることができないことから、それを辞退することを知らせる役目を担っています。では、いつ出せばよいのでしょうか。

続きを読む

遠方の参列者でも宿泊することができます

2020年05月21日

突然の不幸に遭遇したときは、戸惑ってしまうかもしれませんが、葬儀社に相談をすれば、故人の最期を見届けるために、様々なサポートをしているので、精神面も安定します。葬儀社は、故人と時間をかけて、しっかりと向き合うために、1日1組とプランを限定して、葬儀をします。また、遺族や親族の負担を軽減するために、宿泊の手配をすることもあるので、遠方の参列者も、しっかりとしたサポートを受けることができます。昔ながらの習慣に左右されずに、故人と一緒に過ごすことができますし、最期の思い出作りにもなるので、忘れられない想い出になります。

続きを読む

葬儀で火葬はどういうメリットがあるか

2020年05月20日

火葬のメリットですが、どういったことがあるのかといえば、日本は遺体は仮想をするのが常識ですが、海外だと土葬の国が多いです。日本でどうして土葬がほぼされないのでしょうか。日本で火葬がされるのはメリットがあるからですが、どういうメリットがあるからなのでしょう。日本は墓地と埋葬に関して法律があります。遺体、焼骨を墓地以外に埋葬することを禁止しており、自治体が独自に土葬禁止区域指定していること多くて、墓地経営者が土葬認めてないところがほとんどです。

続きを読む

最期まで丁寧なサポートをしてくれる業者を探そう

2020年04月23日

葬儀業者を選ぶにあたり最期まで丁寧なサポートしてもらいたい場合には、経験豊かな担当者が継続して対応してくれるところと契約をすることが肝心です。最近では、通夜や告別式だけでなく、年忌法要の手配も任せることができる業者の数が増えており、遺族にとって負担を最小限に抑えることが可能です。また、業者によって対応できるサービスの内容に違いがあるため、ニーズに合うところを見つけるために、複数の業者の最新のパンフレットやブログなどに目を通すことがおすすめです。

続きを読む

Blog Menu

Archive List